Warning: readfile(/home/kir584776/public_html/pronotelook.com/topimg.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/kir584776/public_html/pronotelook.com/blog/2011/06/index.php on line 28
トップブログ>2011年06月

ブログ

気つ”き

よく「気がきくね~」なんて言葉を聞きます。

気配りのできる人を僕は好きです。尊敬します。反対に気が利かない人は好きではありません。その違いは何か?

「気つ”き」は誰にでも身に着けることのできる、一つの能力、生活習慣だと思います。仕事のできる人はこの「気つ”き」の能力が抜群です。

例えば、料理を作っている厨房を想像して下さい。鍋に湯を沸かし、煮立つまでのあいだ材料をきり、様子を見ながら焼き物をして・・皿を温め、湯が沸騰したら材料を煮て、フライパンを振りながら煮物の加減を見て、味付けをして・・・という具合に同時進行でやることが一杯あります。どんな職種にもこのような場面があるはずです。

僕は仕事に対する基本動作はこの「気つ”き」が全てだと思っています。小さなことから考えますと、職場にゴミが落ちていても知らんぷり。髪がボサボサでも気にしない。言葉つかいは為口。忘れ物。・・・等々きりがありません。もう少し広義で考えると、職場の前の道路にゴミが落ちても知らんぷり。ゴミの不法投棄。騒音。自転車、車のマナーの悪さ。・・・等々これもきりがありません。さらに広義の「気つ”き」を考えますと、お金の使い方。会社の在り方。公共事業の必要性。はては日本という国の在り方・・・気つ”かないで使ってしまった。あるいは使わなかった。気つ”かないで造ってってしまった・・造らなかった・・だんだん難しい「気つ”き」ですが。すべて人間がすることです。

昨日の内閣不信任案の国会を見て、この人たちの「気つ”き」のレベルってどの高さなんだろう? としばし考えてしまいました。

有名な言葉を思いだしました。

「はたを楽させて、働く・・」  その反対言葉は  「はた迷惑」・・・

2011.06.03  投稿者 pronotelookcom02 | PermaLink | コメント(0)